【人材研修】

●介護職員初任者研修課程
Q.気になる費用は?
A.受講料は¥58,000です。テキスト代を含みます。
Q.どうやって資料請求や申し込みをすればいいの?
A.お電話・メールフォームよりでお申込み・お問い合わせください。
ご希望の方には資料をお送りします。
但し、定員になり次第、受付を終了させて頂きます。受講申し込みをされた方へは、担当者より直接お電話にて連絡し、受講申込み用紙等の書類を送付致します。
なお、申し込みは先着順とさせて頂きます。
Q.資格取得まで時間はどのくらいかかるの?
A.資格取得に必要な受講時間は136時間です。
平均的な研修開講日数はおおむね4週間から6週間くらいです。(22日〜23日間)
平日の日中を中心に受講していただきます。
Q.どんなことを勉強するの?
1.職務の理解・・・6時間
2.介護における尊厳の保持・自立支援・・・9時間
3.介護の基本・・・6時間
4.介護・福祉サービスの理解と医療との連携・・・9時間
5.介護コミュニケーション技術・・・6時間
6.老化の理解・・・6時間
7.認知症の理解・・・9時間
8.障害の理解・・・6時間
9.こころとからだのしくみと生活支援技術・・・75時間
10.振り返り・・・4時間
11.修了評価(筆記試験)・・・1.5時間
Q.誰が講師をするの?
A.地域の介護施設や病院等で働くベテランの専門職種の方が講師を担当致します。日々実践する介護経験を基本とした講義・実技演習により学びを深めて頂けます。
Q.講座の定員は何名ですか
A.開催場所により異なりますが、おおむね15〜30名程度です。
Q.取得できる資格は?
A.『介護職員初任者研修課程修了証』『居宅介護職員初任者研修課程修了証』を交付します。
ホームヘルパー2級は平成25年度に「介護職員初任者研修」として生まれ変わりました。この「介護職員初任者研修」は、従来の『ヘルパー2級』と同程度の資格と位置付けられており、老人ホーム等で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得した証明として取り扱われます。
Q.受講途中で休んだ場合はどうなるの?
A.やむを得ず講座を休み、履修していない科目が出た場合、補講を受ける機会を用意いたします。
Q.受講料が安いのはどうしてですか?
A.当会は特定非営利活動法人として、地域の人材を育てるお手伝いをしたいとの思いがあります。少しでも多くの人に学びの機会を届けたいと考え、営利を目的とせず可能な限り受講料をお安くさせていただきました。
Q.「介護職員初任者研修課程」と「居宅介護職員初任者研修課程」はどんな違いがあるのですか ?
A.「介護職員初任者研修課程」は高齢者の介護についての基礎知識の習得を目的としています。
「居宅介護職員初任者研修」は障害者の介護についての知識の習得を目的としています。
当法人が開催する[介護職員初任者研修課程]を修了すると、両方の修了証が得られますので、介護についてより幅広い見識が得られます。また、介護の仕事に就く場合にもより有利です。
Q.介護職員初任者研修を修了すると、どういったところに就職できますか?
A.介護職員初任者の活躍の場は、資格取得することにより、訪問介護事業所でヘルパーとして高齢者や障害者の家庭に訪問して介護や援助を行なうことができます。また、特別養護老人ホームやデイサービスなど活躍の場は多岐にわたります。
Q.介護職員初任者研修の将来性は?
A.福祉業界で介護職員初任者研修は欠かせない存在です。今後益々ニーズが高まっていくことが予想されます。
介護職の上級資格である介護福祉士を受験する場合は、介護職員実務者研修を受講しなければなりませんが、初任者研修を受講しておくと免除される科目があり、受講時間や受講料の負担を分散することができます。
また、介護職員初任者研修からスタートし実務経験を重ねることで介護福祉士、ケアマネージャーへとステップアップすることが可能です。介護・福祉業界で働くためには、介護職員初任者研修は取得しておきたい資格です。

[資格取得までの流れ]